税額を低くする | 抑えることが出来る法人税とその節税方法について紹介します

抑えることが出来る法人税とその節税方法について紹介します

気になる税金対策味方は敏腕弁護士

税額を低くする

相続対策には、税金問題の専門家である税理士に相談することが効果的です。

平成27年1月以降、改正された相続税法が適用されています。 これまでの相続税の基礎控除額5000万円が3000万円に、一人あたりの控除額1000万円が600万円に引き下げになっています。 この法律改正により、相続税の課税対象となる者は、1.2倍から1.5倍になると云われています。 相続税額を減額するためには、財産の評価額を低くすることが重要です。 借入金による賃貸用の不動産の取得が効果的です。 不動産の評価額は時価より低くなりますので、財産の評価額を引き下げる効果があります。 また、相続税の納税資金の確保には、生命保険を活用することが効果的です。 相続税対策には、税金問題の専門家である税理士に相談することが効果的です。

生前贈与を利用することが、効果的です。

相続の発生前の3年間に実施された贈与については、相続財産に加算されます。 そのため、早い段階からの生前贈与が効果的です。 贈与税の基礎控除は110万円となっています。 この基礎控除の範囲内であれば、贈与税は発生しません。 一定以上の財産がある場合には、贈与税を納税した方がよい場合もあります。 65歳以上の親から20歳以上の子への2500万円までの贈与については、相続時精算課税制度を利用することが効果的です。 この相続時精算課税制度を利用する場合には、基礎控除110万円は利用することができません。 また、婚姻期間20年以上の配偶者への居住用財産の贈与の特例、直系尊属からの住宅取得等資金の贈与の特例などを活用することも効果的です。

Copyright © 2015 抑えることが出来る法人税とその節税方法について紹介します All Rights Reserved.