証拠集め | 抑えることが出来る法人税とその節税方法について紹介します

抑えることが出来る法人税とその節税方法について紹介します

気になる税金対策味方は敏腕弁護士

証拠集め

不倫がわかったときにはすぐに証拠を集める

婚姻関係があるにも関わらず、配偶者が不倫をしているときには慰謝料を相手に対して請求することが可能です。 この場合、不倫がわかった段階でその証拠を集めておく必要があるのです。 なぜ不倫の証拠を集める必要があるのでしょうか。 それは、不倫に関する慰謝料請求権にも事項が存在するからです。 慰謝料請求権は、実際に損害と加害者がいるとわかってから三年で時効が成立します。 そのため、それまでに不倫をしていたという証拠を見つけて請求しないと慰謝料請求その者ができなくなってしまうのです。 これは婚姻関係が破綻してから三年以上という基準なので気をつける必要があります。 慰謝料は、不倫をしている証拠があれば必ず請求できるため準備を進めておくことが大事です。

できるだけ高額な慰謝料を請求する

不倫の慰謝料を請求するときには、出来るだけ高額な慰謝料を請求しなくてはいけません。 不倫に関する慰謝料請求にも基準が存在します。 例えば、婚姻関係が実質的に破綻している場合には相手が別の異性と関係を持っても何の問題もありません。 この場合には、請求その者が却下されることがあります。 反対に、婚姻関係が継続しているにも関わらず他の異性と同姓を行っている場合には多額の慰謝料を請求できます。 高額なお金を請求できる基準は、その行為によって婚姻関係が破綻したと認められる場合であるため知っておくと便利です。 また、不倫に関する交際期間が長ければ長いほど慰謝料の請求金額は大きくなります。 このように、時期や程度によって請求額が変わることを知っておきましょう。

Copyright © 2015 抑えることが出来る法人税とその節税方法について紹介します All Rights Reserved.