抑えることが出来る法人税とその節税方法について紹介します

気になる税金対策味方は敏腕弁護士

ピックアップ

過払い金の請求方法

過払い金を返してもらいたい時には、豊富な知識をもっている弁護士yた司法書士に相談しましょう。法的な手続きが必要となるため、一般人が過払い金請求を行なうと手続きが難しいからです。

証拠集め

パートナーの不倫が発覚した時は、相手から慰謝料を請求することができます。慰謝料の請求を効率よく進めるために証拠集めをしっかりと行なうことが大切です。証拠が無ければ請求が難しくなります。

税額を低くする

税理士に相談することで、相続税を減額することができます。相続税の基礎控除は低くなっているため、課税対象になる人が多くなっています。そのため、持っている財産の価値を低くすることで相続税額を減額することが可能になるのです。

注意点を把握する

払い過ぎた過払い金は熊本の司法書士事務所で相談して解決していきませんか?場合によっては取り戻すことができますよ!

複雑な税金の問題を解決してくれる税理士を大阪で探すならこちらで。諸手続きも代行で進めてくれるためミスといったリスクがなく安心です。

節税する上での注意点

経営者にとって法人税の節税は非常に重要なことです。会社は利益が出ればその分法人税を納めなければなりません。しかし節税を行うことにより、納める法人税額が減り手元に残る現金に大きな違いが出てきます。しかし、節税をするにも幾つかの注意点があります。節税は利益が出た場合に納める税金を少なくすることを目的としますが、決算が終わって利益が確定してから節税策を実行しても遅過ぎます。節税によっては青色申告の承認申請を出していないと実行出来ない場合もありますので、事業年度が始まる前に青色申告承認申請書を出しておきましょう。また法人税額を算出する上で必要な所得と損金は利益と費用とは少し違いますので、費用を計上する場合は損金算入出来るか確かめておく事も必要です。

費用計上は出来るだけしておくことが重要

節税には様々な方法がありますが、いくつかの実行し易い節税策を知っておくといざと言う時に役に立ちます。まず経営者としては、自らの役員報酬を変更することが一番やり易い節税策ではないでしょうか。次に保険に加入することも有効です。契約内容によりますが、支払った保険料が全額又は一部費用計上出来ますので、非常に効果的です。また期末において発生・確定している費用は、金銭の支払いが済んでいなくても費用計上出来ますので、給与や社会保険料などを未払費用として計上しておくと良いでしょう。保有している有価証券についても帳簿価額と時価の差額を評価損として計上出来ます。その他にも事業年度内に消耗品などをまとめて購入しておくことも有効です。このように費用計上できるものは出来るだけしておくことが大切です。

土・日、祝日も予約の受付が可能!不倫で慰謝料を請求する方法を一緒に考えてくれます。その他、家庭の様々な問題も相談にのってくれます。

Copyright © 2015 抑えることが出来る法人税とその節税方法について紹介します All Rights Reserved.